Print Shortlink

転職にも有利な分野

ビッグデータ解析が、現在のIT業界では大ブームになりつつあります。
民間の企業が業績を伸ばすためにビッグデータを活用し始めていますし、政府も公式にビッグデータの収集をし始めています。
今後は、収集したビッグデータの解析を担当する人材が強く求められていくことでしょう。
いわゆるデータマイニングエンジニアと呼ばれる人たちですが、彼らの力が必要な時代はすぐそこまで来ているのです。
現状においては、データマイニングエンジニアになると、転職は比較的簡単にすることができます。
今はまだこのジャンルで実績のある人材が少ないので、平均以上のスキルを持っている人は引く手あまただからです。
どの会社もこのジャンルで指導的な立場に立てる人間を求めていますし、相当にいい条件で大企業や政府機関にヘッドハンティングされることがあるはずです。
自分はデータマイニングが得意なのだという情報をネット上に公開しておくだけでも、向こうからオファーが来る可能性は大きいです。
もちろん、普通に求人案件を探して、自分から中途採用を勝ち取るのもいいでしょう。
すでにある程度のノウハウを持っているなら、高度な中途採用枠に滑り込むことも難しくはありません。
募集はどこの組織ででも若干名であることが多いです。
競争相手もまだ育ってきていないため、割と転職活動は楽に進めて行けることでしょう。
今後はどうか分かりませんが、今はまだ転職は比較的容易にできると言われています。